ボンダンス映画祭レポート

2017年8月12日、ボンダンス映画祭が高円寺のアンノウンシアターUnknown Theaterにて開催されました。

ボンダンス映画祭は「高円寺にサンダンス、レインダンスに続く、○○ダンス系映画祭」をという意図のもと加賀賢三監督(同映画祭プロデューサー)の呼びかけのもと開催された映画祭です。

https://eigachannel.com/20170812bondance

【参加監督】
飯塚貴士
内田清輝
加賀賢三
鴻森久仁男
さそり
じゅりあなたけし
佃光
松本卓也
(五十音順)

独特の観点から創作活動を行う監督たちが、交わらない角度で宙に作品を放つ映画祭。グランプリをミニ四駆(映画そのものではない!)の方法で選ぶ斬新な企画に、観客は置き去り?いや異次元に誘われる結末。誰も見たことがない映画祭の雰囲気を監督たちのトークからもご想像いただけるかとも思います。(カルロス)

※後日編集版をキネトークにて掲載します。

【レビュー】観客シートから

当初、音楽的な作品含むかと思いきや、ボンクラによるボンクラの為の映画祭(&ミニ四駆)と、よく解らないまま途中入場。小さな会場の7割近く席埋まってました。(客層は、おそらく監督の知り合い多数) 主催及び参加監督の経緯は、映画チャンネルでのトークを参照。 上映は、過去作・初上映等面白かったけれど、事前に作品の告知・内容等がほぼ皆無だったのが残念。 作品順位を決めるミニ四駆は盛り上がったが、試行錯誤ながらインパクト大きく、終了後は何のイベントなんだろうかと思うことも。 ただ、主催者・監督達の自由な発想を、具体的に実行開催されたのは、インディーズならでわの良い点かと。 非常にユニークな自主映画の映画祭でした。
記者:香川紀昭

 

 

当日ライブの模様(ノーカット)